ブログ

【割田分校】コミカフェのメッカ(聖地)新潟

2018/12/03 掲載

 新潟県東区に独り暮らしなどで孤独な日々を送る方々が集う場所がある。全国に3万ヵ所あるといわれているコミニティカフェの先駆け「うちの実家」だ。代表の河田珪子さんはこれまで地域の方が安心できる居心地の良い空間を作ろうと様々な工夫を重ねてきた。コミュニティカフェの「聖地」とも呼ばれその手法を学ぼうと関係者の視察も相次いでいる。今では、高齢者だけではなく赤ちゃんからお年寄りまで、障がいのある人もない人も、認知症の方も利用する場所に広がりをみせている。大江町で開催された、みんなの茶の間(居場所づくり)普及啓発フェアで河田さんが講演されるということで明幸園地域支援室メンバー2名とサポーター1名で参加してきた。

IMG_4015.JPG  IMG_4012.JPG

講演時間は1時間でしたが正直1時間では足りずもっと話を聞きたいと思ったところでした。「助けて」と言える自分づくり、「助けて」といえる言い合える地域づくり「お互い様だから・・・」と言える関係作り、大変参考になりました。

IMG_4016.JPG

写真ぶれててすみません。

(K)

  • 月別アーカイブ