ブログ

「記憶を失っても心は失わない」

2019/05/21 掲載

厚生労働省は4月17日、認知症をテーマにした映画「長いお別れ」と

タイアップしたポスターを作製しました。

認知症への理解を深める一環で、都道府県や市町村、社会福祉協議会などに掲示されています。

 

320.jpg

 

この映画は認知症になった父と向き合うことで、7年にわたり自分自身の

人生と向き合うことになる家族の物語。

独自の感性で描き続けてきた中野量太監督がメガホンを取り、5月31日に全国で公開となります。

より多くの人に映画を見てもらい、認知症に対する正しい理解者が増えてほしいと思います。

(K)

  • 月別アーカイブ