施設情報

職員倫理綱領

私たちは、常に福祉の専門職としての誇りと自覚を持ち、自らの専門的知識と技術をもって利用者の立場に立った最善の介護福祉サービスの提供に努めます。

そのため、関係法令を遵守するだけにとどまらず、利用者に対しノーマライゼーションと人権尊重の理念に基づき、専門的サービスを提供する義務があり、社会の信頼に応えるために、公平・公正なサービスの実現に努める必要があります。

このような自覚と決意をさらに強固なものとするため、明幸園職員倫理綱領をここに定めます。

  1. 個人の尊厳
    私たち職員は,利用者の出自、性別、行動、身体的精神的状況、宗教的文化的背景、その他いかなる理由によっても差別することなく、その基本的人権を尊重し,利用者一人ひとりの尊厳と権利を守ります。
  2. 人権の尊重
    私たち職員は、性的差別やセクシュアル・ハラスメント、虐待について正しい知識を持ち、利用者に対して肉体的及び精神的損害を与える行為を厳しく慎みます。
  3. 知る権利の尊重
    私たち職員は、利用者本人及びその家族が必要とする情報を積極的に提供し、インフォームド・コンセントをあらゆる場面でこころがけます。
  4. 安全・安心な生活の保障
    私たち職員は,身体拘束を行わず、利用者が安全で快適に過ごす事のできる生活環境を提供します。
  5. 専門的サービスの提供
    私たち職員は、介護福祉の専門職として常にサービスの質的向上に努めるとともに、専門的知識・技術の習得に励み、時代に即したより良いサービスを追究していきます。
  6. 質の高いサービスを受ける権利の保障
    私たち職員は、常に、利用者一人ひとりに最適な援助方法の探究及び改善に取り組み、利用者を主体とした、安全で質の高いサービスを提供します。
  7. プライバシーが守られる権利の尊重
    私たち職員は、利用者一人ひとりのプライバシーを尊重し、財産や個人情報についてその秘密を守ります。また,個人の情報が,承諾なしに勝手に使用されないことを保障します。
  8. 自己選択・自己決定の保障
    私たち職員は、利用者一人ひとりの個性を尊重し、精神的身体的状況や言動を正しく認識する事に努め、利用者本人の自己決定や選択を最大限尊重した最適なサービス提供に努めます。
  9. 意見・質問・苦情を表明する権利の保障
    私たち職員は,利用者の意見・質問・苦情には,それを真摯に受け止め,具体的な解決,改善に向けて努力します。
  10. 地域福祉の推進
    私たち職員は、地域住民及び医療、 保健その他関連団体との積極的な連携を図り、利用者の地域社会における自立を支援するとともに地域福祉の向上に努力します。
  11. 後継者の育成
    私たち職員は、将来にわたり質の高い介護サービスを提供してゆくため、職員相互に知識・技術を高めあうと共に後継者の育成に力を注ぎます。
社会福祉法人天童福祉厚生会 明幸園
平成18年3月制定